8000円切りの全面レンズのロードバイク用サングラス(アイウェア)おすすめ4選

ロードバイク
スポンサーリンク

ロードバイク用のサングラスが欲しい

と思い始めました。風が強い日にロードバイクに乗ってると目にゴミが入ってきて目が痛いです。

反射的に目を閉じてしまうので危ないですよね。そんなわけでロードバイク用のサングラスを探し始めたのですがどれも高い!いいやつだと2万円近くします。

しかも筆者は全面がレンズになっているモデルが欲しいんです。真ん中に仕切りがあるタイプより視界も広そうだしカッコイイじゃないですか。

そんな希望もあり値段も必然的に高くなりました。

これが筆者が一番欲しかったオークリーのサングラス

たかがサングラス(アイウェア)にそんな金額出せません。

というわけで手ごろな値段で全面にレンズがあって品質もしっかりしているサングラス(アイウェア)探しの旅が始まりました。

それでは筆者のおすすめのメーカーとモデルを紹介します。

スポンサーリンク

Northwave (ノースウェーブ)

1980年代イタリアで誕生したブランドです。

ロードバイクのビンディングシューズを販売しているメーカーですがサングラスも作っています。

そんな中で気になったのがコレ

Tour Pro サングラス

ERROR: The request could not be satisfied

定価では7500円くらいしますがウィグルでは6000円くらいで買えるようです。カラーバリエーションも豊富にありました。

Tifosi(ティフォージ)


2003年にアメリカ・ジョージア州で誕生したスポーツアイウェアブランドTIFOSI Optics(ティフォージ・オプティックス)。
最新機能が盛り込まれた高価なブランドでもなく、すぐに機能が損なわれるような安価なものでもない。高品質な素材を用いて、かつお求めやすい価格で提供する、これまでには存在し得なかったブランドです。


Tifosi BRAND HISTORY

筆者はこのメーカーのポディウムというモデルのサングラスを買いました。

ティフォージ ポディウム

定価は10000円ですがAmazonでは7000円でかなり安くなってます。

詳細レビューはまたあとでしますが替えレンズが2枚ついてくるのでお得です。すごく気に入ってます。

レビューはこちら!

このサングラスのレビューはこちら

OGK Kabuto(オージーケー カブト)

日本人のために設計されたサングラスが多い日本のメーカーです。

おすすめはBINATO-Z

定価で6900円と安いんですがほかの二つと比べるとデザインがどうも気に入りませんでした。あと上の方に空いてる穴がなんか気になっちゃう。

今回は見送りました。

Dirty Dog (ダーティードッグ)

名前がすごいと思うんですが笑 ウィグルで調べてた時かっこいいなと思ったので載せときました。価格は10000円近いのですが割引されて半額くらいになってます。

まとめ

調べてみると1万円を切る価格でも全面レンズのかっこいいサングラスはたくさんありました。

本当はオークリーとか100%とかのプロ選手も愛用してるモデルが欲しいのですが高いですから今は我慢ですね。

ロードバイクを運転してるときに 目が開けなくなったら 超危険ですよ!サングラスは大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました